こまめに知っておく|高くなってしまった血圧を食事で下げる|薄味で健康を維持

高くなってしまった血圧を食事で下げる|薄味で健康を維持

こまめに知っておく

ご飯

血圧は、低すぎても高すぎても身体に支障をきたします。そのため、適正な値を保つように気を付けます。一般的に、寝起きや安静時の測定値が80以下は低いと判断します。測定値が180以上の場合は、血圧が高い状態です。低い場合には、起き上がることが不可能なときがあります。また、めまいや気持ちが悪いなどの症状が出ます。180以上の場合は、高い状態です。その初期症状は、のぼせ感や興奮状態におちいりやすくなることです。そして、最悪の場合は動脈硬化や血管破裂を引き起こします。そのため、高い値の際には下げる努力が必要になります。 適正な血圧を保つには、食生活と運動習慣が関係しています。そうすることによって、血圧を下げることができます。

血圧を下げるために知っておくと良い情報があります。それは、薄味の食事を心がけることです。薄味の食事は、食べ過ぎを防ぐことができます。なので、結果的に肥満を回避できます。また、適度な運動も体重の増加を抑えます。どちらにおいても、血圧を下げる効果があります。そのほかの知っておくと良い情報は、抗圧作用のある食品を積極的に摂ることです。具体的には、ごまや蕎麦湯などです。ごまには、血圧を下げる成分が含まれています。蕎麦湯も同様です。しかし、食事の中で意識的に摂り入れることが困難な場合もあります。そこで、血圧の上昇を抑える効果がある特定機能食品やサプリメントが販売されています。それらを適切に摂れば、適正な血圧を保つことができます。既に発症してしまった場合は病食の宅配サービスを利用すると良いでしょう。その病気に合わせた食事が配達されるので、食事を作る手間が省けます。