腎臓の働きが弱くなる病気|高くなってしまった血圧を食事で下げる|薄味で健康を維持

高くなってしまった血圧を食事で下げる|薄味で健康を維持

腎臓の働きが弱くなる病気

病食

腎臓病は高齢になるほど発症の確率が高くなり、現に高齢化の影響で患者数が増加しています。たんぱく質や塩分の摂り過ぎによって腎臓の働きが弱くなってしまうことから、排尿困難や血液中に毒素が混ざってしまうようになります。このままの状態でいれば命の危険性もあるため、治療を受けていかなければいけません。腎臓病に気付くために目安となる症状には、たんぱく尿や血尿が認められたときです。この状態は肉眼では分からないため、尿検査を受けることで分かります。わずかな量が含まれているだけでも、腎臓病の疑いが強まる症状です。そして、むくみがはげしかったり、頻尿や尿の量も極端に少ないときも疑った方がいい症状です。倦怠感や食欲低下、高血圧なども腎臓病に起こりえる症状となるので、いくつか疑いがある場合は病院で診てもらった方が賢明です。

腎臓病の一般的な治療は、食事療法が行われます。食事内容が低タンパク質減塩となっており、腎臓に優しい食事となっているのです。たんぱく質や塩分が多いとどうしても腎臓に負担がかかってしまうため、成分を抑えた食事をしていく必要があります。この食事療法は、病院でも栄養指導が行われているので、それに従っていけば毎日の食事を無理なく美味しく食べられます。また、低タンパク質の食材も販売され、宅配も利用できるサービスもあるので、毎日料理をするのが難しい場合でもこれなら問題ありません。症状が進行してしまった場合は、臓器移植や透析も受けられます。ただし、この場合は患者の年齢によってお勧めできないこともあるので、しっかり検討していかなければいけません。